サラリーマンが副業で節税

サラリーマンが副業で節税ほとんどのサラリーマンは源泉徴収により所得税・住民税の納税額が決定しています。
医療費など費用を確定申告することにより、税金を還付することが可能ですが、それは実費を支払っているため、節税とは言えません。

そこで、副業を行い事業所得として赤字を計上することが出来れば、総合課税の範囲で給与所得の黒字と相殺できますので、税金を還付することができます。

これが節税のワザです。
赤字というと損をしていると思われがちですが、「収入-経費=税金の元となる所得」という原則から考えると、経費が収入を上回れば赤字ということになります。

副業でマンションのひと部屋のオーナーとなり、それを貸すことで家賃収入を得たとすると、不動産業として認められます。
家賃収入に対し、不動産取得の費用(ローン)、管理費、減価償却費などを費用として計上できるため、ローンの返済を行うための収入を得ながら、帳簿上では赤字という状況が作り出せることになります。これが節税のポイントです。

また、不動産業の場合はローンの返済が完了すれば、安定した収入を得ることになり、節税を行いながら将来の資産を形成できるという投資の面でもすぐれています。

それから、住宅ローンについては加入時に支払者が死亡した場合に返済を肩代わりしてくれる保険に入ります。


考え方を変えると、生命保険の保険金としてローンの残高分の金額を得ることができると言えるため、現在加入している生命保険の見直しを行うことで、保険料を節約したり、医療保険に切り替えることができます。

節税を行いながら、生命保険についても見直せるというメリットもあります。

ただし、時間の経過とともに経費に計上できる額が減ることもありますので、節税効果とその他のメリットを勘案して長期的なスパンで計画していく必要があります。


このように、サラリーマンでも副業を行い、経費を計上して赤字にすることにより、節税を行うことが可能です。

https://www.facebook.com/endokaikei
https://www.facebook.com/mie.saimuseiri
http://ja.wikipedia.org/wiki/4%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E8%A8%88%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80



GTR中古の有益性の紹介です。

大阪の会計事務所サイトを見つけることができました。

大阪での個人再生の有益な情報のご紹介です。

評価の高い神戸の税理士を利用するなら此方のサイトです。